« 仕事始めの週 | トップページ | 中村紀洋バッシング »

2007年1月 8日 (月)

「国策捜査」論者のきな臭さ

昨今、鈴木宗男氏の外務省における「子分」で、「ラスプーチン」との異名もある佐藤優氏の活躍が華々しい。明らかに保守派の論客にもかかわらず、『創』『週刊金曜日』といったメディアにまで進出するに至っている。国家によるスパイ活動の意義を積極的に評価するこの人物が、左派・リベラル派の陣営からも人気を勝ち得ているのは、いささか異様と言わざるを得ない。

佐藤氏は、自らに対する検察の捜査を「国策捜査」であったと主張している。この「国策捜査」という言葉は一種の流行語となり、宮崎学・魚住昭といった論者も好んで用いている(たとえば、対談「検察国家日本を斬る」参照)。彼らによれば、ライブドア事件や、耐震偽装事件に対する捜査も「国策捜査」にあたるという。

しかし、ライブドア事件における野口氏の変死について宮崎氏が「自殺」説を唱え、かのリトビネンコ氏の変死について、佐藤氏が「プーチン犯行説」を否定している(「佐藤優の地球を斬る」参照)のを見ると、彼らが意図的に「偽情報」を拡散させているのではと勘繰りたくなる。両氏の主張は、それぞれ、自民党森派とロシア政府を明らかに利するものであった。

考えてみると、「国策捜査」という用語を用いれば、政治家に対するあらゆる汚職追及を「検察の横暴」として退けることが可能である。その意味で、見かけの「反体制的」な印象と異なり、「国策捜査」とは保守政治家にとって都合の良い「便利な」用語と言える。今後も、佐藤・宮崎氏ら「国策捜査」論者の活躍については、批判的に注視したいと思う。

|

« 仕事始めの週 | トップページ | 中村紀洋バッシング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172109/4839657

この記事へのトラックバック一覧です: 「国策捜査」論者のきな臭さ:

» アトラス設計・渡辺朋幸の無資格問題について [東急リバブル・東急不動産不買運動]
ご連絡いたします。 松本議員は耐震強度偽装問題に関係して衆議院国土交通委員会参考人質疑(2005年12月7日)において参考人のアトラス設計・渡辺朋幸に質問されました。 渡辺朋幸が赤羽根橋物件で姉歯秀次の偽装を発見したことに関して、松本議員は渡辺の問題意識を質問し...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 11時00分

« 仕事始めの週 | トップページ | 中村紀洋バッシング »